コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

経済活性化地域 けいざいかっせいかちいきIndustrial District

1件 の用語解説(経済活性化地域の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

経済活性化地域
けいざいかっせいかちいき
Industrial District

1973年と 79年の2回にわたる石油危機は,世界経済を停滞させた。しかし,原油価格の大幅な上昇によるコストアップにもかかわらず,先進国の一部では経済を活性化させていった。日本,アメリカシリコンバレースペインバルセロナ,旧西ドイツの一部などがそれに当る。そうした経済活性化地域の特徴は,1960,70年代の経済成長の軸となった「大量生産」を前提とせず,中小企業を中心に独自の技術をもち,市場変化に柔軟に対応したところにある。今後は,資源問題の面からも大量生産とは異なるこうした新たな産業システムが重要になるといわれている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

経済活性化地域の関連キーワードポセイドンあべ静江誠直也バビル2世自動車工業造船業中南米映画扶養義務惑星探査機文学賞

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone