コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結城正明 ゆうき まさあき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

結城正明 ゆうき-まさあき

1840-1904 幕末-明治時代の日本画家,銅版画家。
天保(てんぽう)11年1月15日生まれ。狩野雅信(まさのぶ)の門人。江戸城本丸障壁画の制作にくわわる。維新後,銅版画をまなぶ。フェノロサの鑑画会などで活躍。明治24年東京美術学校(現東京芸大)助教授。明治37年3月6日死去。65歳。越中(富山県)出身。本姓は壺川。作品に「飲中八仙」「矢矧(やはぎ)橋」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

結城正明の関連キーワード日露戦争アヘン戦争解析変成作用熱雲東欧演劇アヘン戦争雪華図説播隆渡辺政香西部開拓史