コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結城顕朝 ゆうき あきとも

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

結城顕朝 ゆうき-あきとも

?-? 南北朝時代の武将。
結城親朝(ちかとも)の長男。陸奥(むつ)白河城(福島県)城主。貞和(じょうわ)3=正平(しょうへい)2年(1347)畠山高国らと陸奥における南朝方の霊山(りょうぜん)城,宇津峰城などを攻める。のち白河など奥州8郡の検断職(けんだんしき)に任じられた。通称は七郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

結城顕朝の関連キーワード南北朝時代結城満朝結城親朝

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android