コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結膜の腫瘍 けつまくのしゅよう

1件 の用語解説(結膜の腫瘍の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

けつまくのしゅよう【結膜の腫瘍】

 結膜(白目(しろめ))に生じる腫瘍で、良性と悪性があります。
 原因は、良性、悪性ともに、その一部にヒトパピローマウイルスが関与し、紫外線などの刺激があってはじめて腫瘍が生じるとされています。しかし、多くは原因が不明です。
 外見上目立つところに腫瘍が生じるので、早期に気づくことが多いのですが、良性、悪性の区別は病理組織学的診断(患部の組織を顕微鏡で調べる)によります。
 治療は、腫瘍を切除して、病理組織学的検査を行ないます。切除後、結膜が不足した場合には、反対側の目から結膜を移植します。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone