コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統一会堂 とういつかいどう

2件 の用語解説(統一会堂の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

とういつかいどう【統一会堂】

ベトナム南部のホーチミン市(かつての南ベトナムの首都サイゴン)の市内にある施設。ホーチミンで最も美しい建物の一つとされている。ここは、南ベトナム時代には大統領官邸であり、「ドックラプ宮殿」と呼ばれていた建物で、南北統一後、「トングニャット宮殿」と改称され、一般に公開された。1975年4月30日に、北ベトナム解放軍の戦車がこの官邸に無血入城したことは、ベトナム戦争終結の象徴的な出来事になっている。大会議室・宴会室・応接室・ダンスホールや、かつての大統領の家族のための娯楽室や応接室など、大小100以上の部屋がある。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とういつ‐かいどう〔‐クワイダウ〕【統一会堂】

Dinh Thong Nhat》ベトナム南部の都市ホーチミンの市街中心部にある建物。フランス統治時代にノロドン宮殿として建造され、同国独立後に独立宮殿に改称。その後、クーデターで大破したが、1966年にベトナム人建築家の設計で再建され、大統領府として使用。1976年にベトナム社会主義共和国成立し、現名称に改称された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

統一会堂の関連情報