コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応接室 オウセツシツ

2件 の用語解説(応接室の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おうせつ‐しつ【応接室】

応接間」に同じ。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

応接室
おうせつしつ

会社、学校その他公共的施設、あるいは住宅における客を面接する目的の椅子(いす)座式の部屋。会社、学校その他公共的施設においては主として幹部が用務で客と対応するときに用いる部屋で、15~30平方メートル程度の部屋に椅子、テーブルを備え、絵画などで飾られることが多い。
 住宅では明治末期から設けられるようになり、第二次世界大戦までは中・上流の主として都市住宅につくられたが、戦後は広い家をつくる余裕がなくなり、また家族生活を第一に考えるようになったためにあまりつくられなくなっている。
 住宅における応接室は応接間(ま)とよばれることも多く、通常、客の便利のため玄関に近く配されている。明治時代に公的な生活に洋服が取り入れられ、公的な生活にかかわる来客が洋服を着用していたことが多かったこともあって、椅子座式の応接室が設けられるようになった。また、洋風の部屋をつくることや、和風の部屋でもじゅうたんを敷き、椅子やテーブルを備えることが身分の象徴と考えられたことから、和風の住宅にも応接室を設ける風潮が盛んであった。身分の象徴としての意味からマントルピースを設け、豪華なシャンデリアで飾り、家具には装飾の多いものが好まれている。[平井 聖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

応接室の関連キーワード応接応接間客居燻ぼる字引助語ロビー応接に暇がない掛替える緩ぶ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

応接室の関連情報