(読み)ソウ

デジタル大辞泉「総」の解説

そう【総〔總〕】[漢字項目]

[音]ソウ(漢) [訓]ふさ すべて すべる
学習漢字]5年
多くの物事を一つに締めくくる。「総括総合
全体をまとめて取り締まる。「総監総裁総長総統総督総理
全部。すべて。「総意総会総額総数総力総選挙
何本もの糸を一か所で締めて垂らしたもの。ふさ。「総角そうかく総状花序
上総かずさ国、また、下総しもうさ国。「総武/房総
のり]のぶ・みち
[難読]総角あげまき上総かずさ下総しもうさ

ふさ【総/房】

糸を束ねて、先端を散らし垂らしたもの。「帽子の—」
花や実が群がり生じて垂れているもの。フジの花、ブドウの実など。
袋の形になってついているもの。ミカン内果皮など。
[類語]

そう【総】

[名]すべてのもの。全体。
「大勢の川を渡さん時、—を力にして渡るべし」〈盛衰記・三五〉
[接頭]名詞に付いて、全部の、すべての、という意を表す。「収入」「トン数」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「総」の解説

ふさ・ぬ【総】

〘他ナ下二〙 集めてたばにする。まとめてくくる。たばねる。また、物事を総括する。総合する。
※南海寄帰内法伝平安後期点(1050頃)二「(いたは)しく総(フサネ)足すこと無かれ」
[補注]下一段化した例として「総 フサ フサネル」が「伊呂波字類抄」に見える。

ふさなり【総】

〘名〙 多く群がり集まること。また、そのもの。〔書言字考節用集(1717)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のの言及

【上総国】より

…旧国名。現在の千葉県の一部で,房総半島の北部を占める。
【古代】
 東海道に属する大国(《延喜式》)。…

【下総国】より

…旧国名。総州。現在の千葉県北部と茨城県南西部および埼玉県東部。…

※「総」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android