コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統計天文学 とうけいてんもんがく statistical astronomy

1件 の用語解説(統計天文学の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

統計天文学
とうけいてんもんがく
statistical astronomy

多数の星を統計的に処理して,その位置や運動の分布を研究する分野。銀河系内に恒星は数多いが,現在,距離や運動速度の測定されているものは数千にすぎず,それもまた比較的太陽の近傍のもので,これらから恒星の集団のいろいろな性質を調べるには高度の統計処理が必要である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

統計天文学の関連キーワード統計的生物測定学国民健康調査統計分析標準体位ターナーの推定法パジョーの法則ファブリックの領域農業統計統計的推定

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone