コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統計天文学 とうけいてんもんがくstatistical astronomy

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

統計天文学
とうけいてんもんがく
statistical astronomy

多数の星を統計的に処理して,その位置や運動の分布を研究する分野。銀河系内に恒星は数多いが,現在,距離や運動速度の測定されているものは数千にすぎず,それもまた比較的太陽の近傍のもので,これらから恒星の集団のいろいろな性質を調べるには高度の統計処理が必要である。 J.カプタインらの提唱により,19世紀末頃からこの分野は大いに進歩し,スペクトル型や絶対等級別による星数分布の調査,散開星団の分布や球状星団の銀河系を包む分布など,銀河系の構造と関係するいろいろな数値が算出されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

統計天文学の関連キーワードシュワルツシルトゼーリガーオールト

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android