コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統計的決定理論 とうけいてきけっていりろんstatistical decision theory

1件 の用語解説(統計的決定理論の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

統計的決定理論
とうけいてきけっていりろん
statistical decision theory

生起事象に関する情報やデータを収集し,それらを標本値として統計学の手法により推定や仮説の検定を行う方法。たとえば1ヵ月後の天候を予測して行事の予定を決めるときなど,意思決定にあたっては,未来に生起する事象に関しての不確実性をいかに取扱うかが問題となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の統計的決定理論の言及

【決定理論】より

…個人や企業などが意思決定や経営政策の決定を行おうとする際には,いろいろな不確実な条件が存在することが多いので,それらに対して適切な考慮をして,良い決定を下し,行動しなければならない。選択可能な行動のうちで,実際にどれをとるのがよいかを統計学的な考察によって評価する理論を決定理論あるいは〈統計的決定理論〉という。この理論では,まずとりうる行動を列挙し,また不確実な条件についても,実現する可能性のあるもの(これを〈状態〉とよぶ)を列挙する。…

※「統計的決定理論」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone