絵踏み(読み)えふみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「絵踏み」の解説

絵踏み
えふみ

江戸幕府キリシタンを摘発するために用いた方法。諸人にイエス・キリストマリアや絵を踏ませ,踏むことを拒んだり,ためらったりした者を信徒として処罰するもので,特に九州地方で制度化され実施された。寛永6(1629)年長崎奉行水野守信が考案したものと伝えられる。この絵踏みに使われた聖画像(→イコン)が踏絵(ふみえ)であるが,絵踏みと踏絵は混用されることが多い。安政5(1858)年に長崎で廃止され,のちほかの地域でも行なわれなくなった。多くの板踏絵と真鍮踏絵が東京国立博物館に伝わる。(→キリスト教禁制宗門改

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「絵踏み」の解説

え‐ぶみ〔ヱ‐〕【絵踏み】

江戸時代、幕府がキリスト教禁止の手段として、長崎などで正月4日から8日まで、聖母マリアやキリスト像を彫った木板・銅板などを踏ませて教徒でないことを証明させたこと。→踏み絵
踏み絵2」に同じ。
[補説]1で、もとは、踏ませた絵や像を「踏み絵」といい、踏む行為を「絵踏み」といった。踏む行為を「踏み絵」とするのは本来は誤り。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android