コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗門改 しゅうもんあらため

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宗門改
しゅうもんあらため

江戸時代キリシタンを弾圧するため各人所属の宗教を検査した制度。江戸幕府は慶長17(1612)年キリスト教伝道を厳禁したが,寛永14(1637)年に起こった島原の乱以後は特にキリシタンを弾圧し,同 17年には宗門改役を置いて取り締まった。宗門改の手段としては宗門人別帳(→宗門改帳)の作成が知られるが,ほかに次のものがあった。(1) 寺請(てらうけ) 婚姻,奉公などの際に,檀那寺からその者が檀家であることを証明する宗旨手形を受けさせた。(2) 絵踏み イエス・キリストや聖母マリアの絵像(→イコン)を踏ませてキリシタンでないことを証明させた。初めキリスト教から転宗した者に行なわれ,のちに一般的にキリシタン摘発のため用いられた。(3) 訴人の奨励 キリシタンを訴え出た者に一定の賞金を与えた。この懸賞令を記した高札は「切支丹札」と呼ばれた。五人組も初めはキリシタンを摘発させるための制度であった。また,古くはキリシタン類族調と称し,キリシタンの一族まで監視に付する制度もあった。(→キリスト教禁制

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうもん‐あらため【宗門改】

江戸幕府がキリシタン信仰を禁止するために設けた制度。家ごと、個人ごとに仏教信者であることを檀那寺に証明させたもの。寛永17年(1640)幕府直轄領に宗門改役を置き、宗門人別帳を作り、その後、諸藩にも実施させた。明治6年(1873)に廃止。宗旨人別改

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

宗門改【しゅうもんあらため】

宗門人別改とも。江戸時代,キリシタン禁制を徹底させるため,民衆の信仰する宗教を調査する制度。併せて民衆統制,戸籍制度の役も果した。幕府はキリスト教禁止以後1614年より行い,1640年に宗門改役を置き直轄領内をきびしく取り締まり,1664年以後は諸藩にも宗門改役人を置いて藩内をくまなく調査させた。
→関連項目キリシタン禁制キリシタン屋敷葬式フェレイラ

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうもんあらため【宗門改】

江戸幕府がキリシタンの禁圧・摘発のために設けた制度。各家・各人ごとに宗旨を調べ、檀那寺に信者であることを証明させ、その結果が毎年村ごとに宗門人別帳として作成された。1873年(明治6)廃止。宗旨人別改。
「宗門改役」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宗門改
しゅうもんあらため

江戸幕府がキリシタンを禁圧することを標榜(ひょうぼう)して設けた制度。宗教統制、民衆統制や戸籍制度としての意味をもっていた。
 1613年(慶長18)以来たびたび発布されたキリシタン禁令が宗門改の契機となったが、それらには宗門改の具体的な方法が示されていなかったので、幕府や諸藩はさまざまな方法でこれを実施した。その一つは、1629年(寛永6)ごろに長崎で始められた踏絵や、幕府法令にみえる訴人奨励などの、キリシタン摘発を目的とした宗門改であり、いま一つは、反対にキリシタンでないことを証明する宗門改で、寺檀(じだん)関係に基づき檀那寺(だんなでら)が行う寺請(てらうけ)や、人別帳・五人組を利用して村役人が行う俗請(ぞくうけ)などがある。島原・天草一揆(あまくさいっき)でキリシタンがほとんど根絶されると、かえって宗門改は強化され、1640年(寛永17)には幕府に宗門改役が置かれ、64年(寛文4)には諸藩に宗門奉行(ぶぎょう)の設置が命ぜられた。ついで71年には宗旨人別帳の作成による宗門改が制度化され、以来この方法で実施されることになった。このような宗門改の制度化は、キリシタンを摘発することよりも、それを口実とする民衆統制であり宗教統制であって、あわせて領民を把握し身分制を確立しようとする戸籍制度の成立を意味している。
 宗旨人別帳の様式は、基本的には、1戸単位に戸主および全家族、奉公人の名前・性別・年齢を記し、これに宗旨と檀那寺名を付したうえで、檀那寺と村役人が請印(うけいん)を加えるというものであるが、藩によって相違があり統一的なものではない。毎年3~6月に作成されることになっていたが、そのつど全住民を集めて実施する藩や、略式にして出生・死没・移動のみを書き上げる藩などさまざまであり、かならずしも全国的に毎年実施されたものではなかった。それには、各藩における内部事情や、かつてのキリシタン勢力の強弱、さらには檀那寺が他領や遠方にあったり、半檀家(家族内で檀那寺を異にする場合)が多かったりする寺檀関係のあり方の違いも影響している。
 宗門改を寺請で行うことについては、儒者からの無用論や神道関係を中心とする反発があり、岡山藩などは神道請を実施していたし、近世中期以降には神職を寺請から除外する動きも現れた。明治維新の神仏分離においてこの方向は強化され、氏子(うじこ)調べが立案され実施されたが、全国的に普及するには至らなかった。1872年(明治5)の壬申(じんしん)戸籍には、宗旨人別帳と同様に檀那寺が付記されていたが、翌年のキリスト教禁止高札の撤廃とともに改められ、宗門改の制度は廃止された。[大桑 斉]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

宗門改の関連キーワードキリシタン奉行岡本三右衛門宗門人別改帳契利斯督記切支丹屋敷切支丹坂シドッチ奥山華岳隠れ念仏寺請制度井上政重マルケス京仏壇キアラ大目付茗荷谷人別帳踏絵けん帳外

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

宗門改の関連情報