コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絶縁抵抗計 ぜつえんていこうけいinsulation resistance meter

2件 の用語解説(絶縁抵抗計の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絶縁抵抗計
ぜつえんていこうけい
insulation resistance meter

電気機器やケーブルの絶縁性などを調べるためや,107Ω 以上の高抵抗の測定に用いられる計器。メガーとも呼ばれる。テスターなどの抵抗計と類似の原理によるが,電源として数百Vから 2000Vぐらいの高電圧を使用する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内の絶縁抵抗計の言及

【オーム計】より

…一定交流電流を加えた場合の電圧を増幅指示させ,mΩオーダーの低抵抗を測るものをミリオームメーター,接点の接触抵抗を測定するものを接点抵抗計と呼ぶ。電線,回路の絶縁抵抗の測定には,磁石発電機と比率計形計器を用いたメガー(絶縁抵抗計),電池を内蔵した電池式絶縁抵抗計がある。さらに高い抵抗(108~1014Ω)の測定には,安定化直流高圧電源と直流増幅器を併用した超高抵抗計(超絶縁計,テラオームメーターとも呼ばれる)が用いられる。…

※「絶縁抵抗計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone