コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絹糸草 キヌイトソウ

デジタル大辞泉の解説

きぬいと‐そう〔‐サウ〕【絹糸草】

チモシーの種子を水盤の脱脂綿の上に多くまいて発芽させたもの。その絹糸のように細い緑を観賞する。 夏》稗蒔(ひえま)き

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きぬいとそう【絹糸草】

チモシー(オオアワガエリ)の種を水盤の脱脂綿にまいて萌え出た糸のような芽のこと。その鮮緑色の涼味を観賞する。 [季] 夏。 → 稗蒔ひえま

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

絹糸草の関連キーワードオオアワガエリ稗蒔き