絹糸草(読み)キヌイトソウ

大辞林 第三版の解説

きぬいとそう【絹糸草】

チモシー(オオアワガエリ)の種を水盤の脱脂綿にまいて萌え出た糸のような芽のこと。その鮮緑色の涼味を観賞する。 [季] 夏。 → 稗蒔ひえま

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android