コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

継天寿戩 けいてん じゅせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

継天寿戩 けいてん-じゅせん

1495-1549 戦国時代の僧。
明応4年生まれ。臨済(りんざい)宗。京都建仁(けんにん)寺の月舟寿桂(じゅけい)の法をつぎ,天文(てんぶん)6年同寺住持となる。月舟に四六文の作法をまなび,聯句(れんく)にすぐれた。天文18年死去。55歳。別号に牧雲,皆春軒。編著に「継雪問答」,著作に「柳西落葉」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

継天寿戩の関連キーワード土佐光信ビールサンガッロ荒木田守武勘合貿易遣明船(年表)岡田幸樹藤田清二細川智三日和佐裕子竹内清人

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android