コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月舟寿桂 げっしゅう じゅけい

3件 の用語解説(月舟寿桂の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

月舟寿桂 げっしゅう-じゅけい

?-1533 室町-戦国時代の僧。
臨済(りんざい)宗。近江(おうみ)(滋賀県)楞厳(りょうごん)寺の正中祥端(しょうちゅう-しょうたん)の法をつぐ。天隠竜沢(てんいん-りゅうたく),正宗(しょうじゅう)竜統らに学芸をまなんで詩文をよくし,五山文学者として知られる。永正(えいしょう)7年京都建仁(けんにん)寺の住持となった。天文(てんぶん)2年12月8日死去。近江出身。俗姓は江見。号は幻雲,中孚道人。著作に「幻雲文集」「月舟和尚語録」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

月舟寿桂

没年:天文2.12.8(1533.12.23)
生年:文明2(1470)
室町時代臨済宗の僧,五山文学僧。近江(滋賀県)の人。江見伊豆守の子。幻雲,一華和尚とも称する。初め大徳寺派岐庵宗揚に参じ,次いで幻住派の正中祥端に参じ,その法を継ぐ。正中は諸方の林下の密参に参じた人であるが,月舟もまた曹洞宗宏智派と行動を共にし,同派との関係から越前朝倉氏の外護を受けるに至る。学芸は天隠竜沢と共に正宗竜統から受けること大であり,正宗の蒲室疏の注釈を訂補し,『蒲葉』『蒲根』を編んだ。著作に『月舟和尚語録』『幻雲文集』『幻雲疏稿』『幻雲詩稿』がある。

(飯塚大展)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

げっしゅうじゅけい【月舟寿桂】

1470‐1533(文明2‐天文2)
室町後期の五山禅僧。別に幻雲,中孚道人と号す。近江の人。磯野の楞厳寺正中祥瑞に参じ,その法を継いだ。越前朝倉氏の庇護を受けて善応寺,弘祥寺に住し,1510年(永正7)3月5日建仁寺,のち南禅寺に住した。晩年建仁寺妙喜菴の一華軒に隠居し,杜詩,三体詩を宮中に説いた。1533年12月8日寂。64歳。著作に《月舟和尚語録》《幻雲文集》《幻雲詩稿》《幻雲疏稿》《摩訶師子吼集》《続錦繡段》《蒲根(ほこん)》等がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

月舟寿桂の関連キーワード庭田重親園基冨鷲尾隆康正親町公澄小倉実右吾妻問答善隣国宝記久志本常光千葉勝胤慧龐

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone