コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

聯句 れんく

3件 の用語解説(聯句の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

聯句
れんく

中国の詩の一形態。複数の作者が1句,または2句,4句ずつつくり,連ねて1編の詩をなすもの。漢の武帝時代の作といわれる『柏梁台聯句』 (前 108) が最古で,これは1人が七言1句ずつをつくり連ねたもの。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

れんく【聯句 lián jù】

中国の詩で,複数の人物が交互に詩句を作り,合わせて1編の作品となるもの。ひとりが1句を作る例,ひとりが2句を作る例,ひとりが4句を作る例などがある。ひとり1句の場合は,中国の旧体詩の原則たる偶数句ごとの押韻とは異なり,各句はすべて韻をふむ。前2世紀,漢の武帝の時の作という〈柏梁台(はくりようだい)聯句〉が最古と伝えられ,これがひとり1句の形式だったので〈柏梁体〉と呼ばれるが,唐の韓愈(かんゆ)らの作品のほうが文学的価値は高い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

聯句
れんく

漢詩において、数人が集まって句を連ねてつくるもの。1人が一句ずつのもの、二句、四句のもの、と形式もいろいろである。起源にも諸説あるが、漢の武帝のときの「柏梁台(はくりょうだい)聯句」をいちおう開祖とみなす。これは七言一句を、1人が一句ずつ押韻しながら続けていったものである。聯句は、六朝(りくちょう)時代にも社交の場でよくつくられた。陶淵明(とうえんめい)の詩集のなかに、それぞれ1人が五言一句で四句二韻(隔句に押韻)ずつつくっていったものがある。唐に入っても盛行したが、韓愈(かんゆ)に至って体(たい)が定まった。一つは、1人が二句一韻を対句仕立てでつけていくもの、一つは1人が対句の前半をつくり、次の人がそれを完成し、また対句の前半をつくるという、日本の連句に近い形式である。[石川忠久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の聯句の言及

【柏梁体】より

…中国の詩の一体。聯句の一種で,各人が七言1句ずつを分担し,句ごとに押韻する。漢の武帝の柏梁台が落成したとき,帝が群臣を集めて作らせた〈柏梁台聯句〉に始まる。…

※「聯句」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone