継(ぎ)紙/続ぎ紙(読み)ツギガミ

デジタル大辞泉の解説

つぎ‐がみ【継(ぎ)紙/続ぎ紙】

巻子本(かんすぼん)・折り本などに用いる、継ぎ合わせた紙。
歌・物語などを書写して鑑賞効果を上げるため、色や質の異なる紙を数種継ぎ合わせて1枚の料紙としたもの。切り継ぎ・重ね継ぎ・破り継ぎなどがある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

つぎがみ【継紙】

〈続紙〉とも書く。本の仕立て方についての名称で,紙を何枚か継いで長くしたもの。これを軸に巻きつければ巻子本(かんすぼん)の簡略なものになるが,文書(もんじよ)と巻子本の中間的な形態である。巻子本や折本(おりほん)に仕立てるために紙を継いだものも継紙といい,また何種類かの紙を貼り合わせて1枚とし,美的効果をねらったもののこともいう。古くは《源氏物語》にも〈つきかみ〉としてみえる。【上田 弘】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の継(ぎ)紙/続ぎ紙の言及

【料紙装飾】より

…なお羅文の中に飛雲が加わったり,羅文の飛雲もあるので,両者の技法は近いとみられる。 仕上がった紙を加工する装飾には〈からかみ〉や墨流し,金箔,描(かき)文様,下絵,継紙(つぎがみ)など数多くの技法がある。〈からかみ〉は初め中国から輸入された唐紙の意味であったが,しだいに装飾紙の技法をさすようになった。…

※「継(ぎ)紙/続ぎ紙」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android