コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綟り織(り)(読み)モジリオリ

世界大百科事典 第2版の解説

もじりおり【綟り織】

搦み織(からみおり)ともいう。通常の織物では経(たて)糸が緯(ぬき)糸に直交することを原則とするのに対し,経糸が他の経糸と互いにからみあい,織物表面に透けた空隙を生じた織物。すなわち振綜絖(ふるえそうこう)という特殊装置を用いることによって,〈搦み経(からみだて)〉が他の糸〈地経(じだて)〉の左右に転じつつ織製されるもので,(ろ),縠(こめ)織などがこの種の織物に属する。薄いレース状の外観から〈うすもの〉と呼ばれて珍重され,各種の紋織物や染に応用されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の綟り織(り)の言及

【織物】より

… 以上の三つの組織は,織物の基本として従来三原組織と呼ばれてきたが,近年ではこれに綟り(もじり)組織を加えて四原組織としている。綟り組織(綟り織)は隣りあう経糸がたがいにもじれながら緯糸と組織するもので,搦み(からみ)織物とも呼ばれている。この組織を応用した織物はふつう表面に空隙ができるのを特色としている。…

※「綟り織(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android