コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縠織(り) コメオリ

デジタル大辞泉の解説

こめ‐おり【×縠織(り)】

絹織物で、(しゃ)の一種。織り目が米粒状のところと紗地で透き通ったところを組み合わせたもの。公家が用いた。こめ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こめおり【縠織】

いわゆる〈うすもの〉と呼ばれる羅や紗と同種の(もじ)り組織の織物(綟り織)。地組織は経糸2本が1単位となる単純な2本綟りであるが,一般的にその綟り方が経4本2組を一対とした対(つい)綟りになっているのが特色。また文様は対綟り1対を単位として,三枚綾形式に浮かして織りあらわしたものが多い。おもに装束の夏の衣料として袍(ほう),下襲(したがさね),半臂(はんぴ),直衣(のうし)などに広く用いられてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の縠織(り)の言及

【織物】より

…2本の経糸(たていと)と2越(こし)の緯糸(よこいと∥ぬきいと)という2組の糸の組合せを最低単位とし,織機を用いて作られたある幅と長さをもつ平面の総称。通常は経糸に対し緯糸が直角に交わって布面を構成するが,近年緯糸に対し経糸を左右斜めに走らせて布面を構成する斜織(ななめおり)が考案され,経糸と緯糸の直交という原則はあてはまらなくなった。
【起源】
 織物の起源とその伝播について明確な答えを出すことは不可能といってよい。…

※「縠織(り)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

縠織(り)の関連キーワード絹織物

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android