緇林(読み)シリン

デジタル大辞泉の解説

し‐りん【×緇林】

《「緇」は墨染めの衣の意》多くの僧。また、僧侶の集まっている所。寺院。
「餝(かざり)を―に落す(=出家スル)」〈性霊集・五〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

し‐りん【緇林】

〘名〙
① (「荘子‐漁父」の「孔子遊乎緇帷之林、休坐乎杏壇之上、弟子読書」による) 黒い帷(とばり)のように茂った林。転じて道を講ずる所。
※黄葉夕陽邨舎詩‐後編(1823)五・蜀山人移家于学宮対岸扁日緇林命余詩之「杏壇相対是緇林、吏隠風流寓旨深」 〔庾信‐奉和永豊殿下言志十首詩・其九〕
② 黒い衣を着た僧侶。また、その僧たちの住する寺。
※性霊集‐四(835頃)勅賜世説屏風書了献表「空海、緇林朽枝、法海爛屍」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android