コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

総作/惣作 ソウサク

デジタル大辞泉の解説

そう‐さく【総作/×惣作】

江戸時代、耕作者のいない田畑を、村や組などの共同所持として耕作し、年貢を負担すること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

総作
そうさく

惣作とも書く。江戸時代、潰(つぶれ)百姓、欠落(かけおち)・逐電(ちくでん)百姓などの田畑や欠所(けっしょ)田畑・取上(とりあげ)田畑などの無主の地を村中や五人組などの責任で耕作し、その田畑の年貢・諸役を村中・五人組などで負担すること。潰百姓、欠落・逐電百姓の増加により農村荒廃が進行し、総作地が広範にみられた北関東農村では、初めのうちは村中や五人組などで総作が行われたが、総作地の増加によってそれができなくなり、手余り地(無年貢地)が増大した。[川鍋定男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

総作/惣作の関連キーワードイム・グォンテクタバコ(煙草)ジャガイモ81/2村総作潰百姓惣作