コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑泥 りょくでいgreen mud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緑泥
りょくでい
green mud

緑色を呈する海底土。大陸斜面などに分布する青泥の一種で,海緑石に富むので緑色を呈する。火山灰起源の火山ガラス質の泥が変質して海緑石が生成されたものとみられ,海流と海流の接する海域の大陸棚上に多い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

りょく‐でい【緑泥】

主に大陸棚斜面上に分布する、多量の海緑石を含む緑色の泥質の堆積(たいせき)物。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

岩石学辞典の解説

緑泥

陸成起源の粒子の多数集まった海の堆積物で,この色はグロコナイトまたは緑泥石の存在のためである.炭酸カルシウムは泥の50%程度まで含まれる[Murray & Renard : 1891, Pettijohn : 1949].

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

大辞林 第三版の解説

りょくでい【緑泥】

緑色の泥。大陸斜面や、それ以深の海底の堆積物。軽石を伴い、海緑石に富む。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

緑泥の関連情報