コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緑資源機構 みどりしげんきこう Japan Green Resources Agency

3件 の用語解説(緑資源機構の意味・用語解説を検索)

知恵蔵2015の解説

緑資源機構

緑資源公団で、水源林造成、特定中山間保全整備、林道整備、農用地総合整備などを行う独立行政法人造林事業としては、手の入らなくなった奥地森林を対象に、林地所有者が土地を提供し、森林組合などの造林者が造林・保育を行う水源林造成を実施してきた。費用は緑資源機構が負担する。実績は事業開始の1961年から2006年までに約45万ヘクタール針広混交林施業や複層林施業によって水源涵養(かんよう)機能の強化を図ってきた。ところが、04年5月に林道事業をめぐる官製談合事件が発覚し、07年度末で廃止されることになった。独立行政法人・森林総合研究所が業務の受け皿となる。ただし、林道事業は地方公共団体に移管し、海外農業開発事業(ODA事業)は国際農林水産業研究センターが引き継ぐ。

(池上甲一 近畿大学農学部教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵2015」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

緑資源機構

森林開発公団が旧農用地整備公団の事業を統合してできた緑資源公団が前身。小泉内閣特殊法人改革で03年10月に独立行政法人になった。前田直登・元林野庁長官が現理事長で、農水省や林野庁出身者が多数、理事などに就任。林道整備のほか、水源林の造成、区画整理土地改良、農業用道路や用排水施設整備などを行う。

(2007-05-25 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みどりしげん‐きこう【緑資源機構】

農林水産省所管の独立行政法人。平成15年(2003)特殊法人緑資源公団を解体して設立。平成20年(2008)4月に解散。水源林造成事業、特定中山間保全整備事業、農用地総合整備事業および緑資源幹線林道事業の一部は独立行政法人森林総合研究所(森林農地整備センター)に、海外農業開発事業は独立行政法人国際農林水産業研究センターに承継された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緑資源機構の関連キーワード日本住宅公団水源林緑資源公団中山間地特定中型車林野庁以外の官庁が所管する国有林野緑資源公団が所管している森林森林開発公団中山間保全整備事業森林造成

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone