緒戦(読み)しょせん

精選版 日本国語大辞典「緒戦」の解説

しょ‐せん【緒戦】

〘名〙 はじめの戦闘。いくさの発端となる戦い。また、試合や勝負などのはじめ。ちょせん。
※記念碑(1955)〈堀田善衛〉「戦のときの華々しさを思い出させ」

ちょ‐せん【緒戦】

〘名〙 (「緒戦(しょせん)」の慣用読み) 戦闘のはじめ。また、最初の戦い、最初の試合。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「緒戦」の解説

しょ‐せん【緒戦】

《慣用読みで「ちょせん」とも》
始まったばかりのころの戦争。
試合や勝負の第1回目。初戦。「緒戦を勝利で飾る」

ちょ‐せん【緒戦】

しょせん(緒戦)」の慣用読み。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

上半期

会計年度などで、1年を2期に分けた前半の6か月。上期かみき。⇔下半期しもはんき。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android