コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

線維状蛋白質/繊維状蛋白質 センイジョウタンパクシツ

デジタル大辞泉の解説

せんいじょう‐たんぱくしつ〔センヰジヤウ‐〕【線維状×蛋白質/繊維状×蛋白質】

長い線維状の立体構造をもつたんぱく質の総称。水に溶けにくい。生体を構成するコラーゲンケラチンエラスチン、筋原線維の主成分で筋肉の収縮に関与するF-アクチンミオシン、血液の凝固に関わるフィブリン、クモの糸やカイコの絹糸の主成分であるフィブロインなど。→球状蛋白質

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android