縁なき衆生は度し難し(読み)エンナキシュジョウハドシガタシ

  • えん
  • なき衆生(しゅじょう)は度(ど)し難(がた)し
  • 縁(えん)なき衆生(しゅじょう)は度(ど)し難(がた)し

精選版 日本国語大辞典の解説

すべてのものに慈悲を垂れるという仏でも、仏縁のない者は救いがたい。転じて、忠告を聞こうともしない者は救いようがない。
※浮世草子・諸芸袖日記(1743)四「『世界の者が皆盲で埒が明きませぬ』と云うて戻せば、〈略〉『エエ縁(エン)なき衆生(シュジャウ)は度(ド)しかたきぢゃナア』」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ことわざを知る辞典の解説

すべてのものに慈悲の心で接する仏でも、仏縁のないものを救うことはむずかしい。転じて、どの世界でも結局縁のないものに理解させたり、納得させたりすることはできない。

[使用例] 縁なき衆生は度し難しとは単に仏法のみで言うことではありません。段違いの理想を有して居るものは、感化してやりたくても、感化を受けたくても到底どうすることも出来ません[夏目漱石文芸の哲学的基礎|1907]

[解説] 「縁」は、本来仏縁のことですが、今日では仏教とかかわりなく、はじめからまったく相手にしても意味がない場合のほか、もはやこれまでとあきらめるような場面にも用いられます。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android