縞蚊(読み)シマカ

デジタル大辞泉の解説

しま‐か【×縞蚊】

カ科ヤブカ属シマカ亜属の昆虫の総称。体は黒色の地に白色の鱗片(りんぺん)が点散するものが多い。卵を1個ずつたまり水に生む。人畜の血を吸い、熱病を媒介する種もある。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しまか【縞蚊】

ヤブカ属シマカ亜属のカの総称。体長5ミリメートル 内外。体は黒色で白帯がある。ヒトスジシマカ・ヤマダシマカ・ミスジシマカなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

縞蚊 (シマカ)

動物。カ科ヤブカ属のシマカ亜属の総称

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android