コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 はり

6件 の用語解説(針の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


はり

裁縫,刺繍の基本的道具の一つであり,変型に鉤針,編物針がある。縫い針は上端に糸を通す穴があり,先端は鋭くとがっている。穴の円形の和針 (唐針ともいい,中国から伝わったものも含む) ,穴の楕円形のメリケン針 (アメリカから伝わったもの) があって,それぞれ用途別の太細,長短を日本工業規格で定めている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しん【針】[漢字項目]

[音]シン(呉)(漢) [訓]はり
学習漢字]6年
〈シン〉
ぬいばり。「針小棒大運針
漢方で、治療に用いるはり。「針灸(しんきゅう)針術
目盛りや方向を示すはり。はりのようにとがったもの。「針路検針指針磁針短針秒針方針避雷針
[補説]2は「」と通用。
〈はり(ばり)〉「針医針金/注射針」
[難読]針孔(みぞ・めど)

はり【針】

布などを縫う、細くて先のとがった金属製の道具。一方のはしに糸を通す穴(めど)がある。縫い針。また、布を刺して留めるための穴のない留め針待ち針もある。
形や用途が1に似ているもの。
㋐サソリ・ハチなどのもつ、他の動物に刺して毒を注入する器官。
㋑注射器の先端につけ、皮膚などに刺して薬剤を注入する器具。注射針。
㋒レコードの盤面の溝をなぞり、振動をひろい伝えるもの。レコード針。
㋓編み物に用いる棒針の類。
㋔書類などをとじるための金具。「ホチキスの
㋕植物のとげ。
「枳殻(からたち)の生垣のすき間もなく―を立てて」〈蘆花思出の記
時計・計器の目盛りを指し示すもの。「磁石の
裁縫。おはり。「を習う」
感情を刺激すること。害意。「言葉にを含む」
助数詞的に用いて、針で縫った目数を数えるのに用いる。「傷口を五縫う」
[下接語]御(お)針縫い針(ばり)網結(あみすき)針編み針置き針返し針鉤(かぎ)針掛け針蚊針革針擬餌(ぎじ)針絹針絎(くけ)針毛針小町針仕付け針千人針空(そら)針・畳針釣り針綴(と)じ針留め針縫い針刃針平針棒針待ち針メリケン針木綿針

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

針【はり】

布や皮革を縫い,留めるための器具。旧石器時代後期,マドレーヌ文化に骨角器のめどのある針が見られるほか,古くから各地に骨製,象牙製,青銅製などの針が見られる。現在使われている針は鋼製で,裁縫用には和針,洋針,ミシン針,特殊針がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

はり【針】

皮や布を糸(ひも)で縫い合わせて衣服などを作るための道具。また,物を留めるための留針(ピンpin)もいうが,ここではおもに縫針needleを中心に述べる。
[沿革]
 縫針は,旧石器時代後期には出現しており,洪積世最後のウルム氷期の寒冷な環境のもと,北部ユーラシア各地で狩猟生活を営んでいたホモ・サピエンスたちが,防寒具としての皮製の衣服を改良するなかでくふうされていったものと思われる。最初は剝片石器の一部を尖らせた錐で毛皮に孔を開け,そこに動物の腱や皮を細長くさいて作ったひもなどを通してとじ合わせていたのであろうが,やがて後期旧石器時代前葉のオーリニャック文化にいたって骨や角を細かく自由に加工できるようになると,硬く丈夫なばかりでなく弾性に富みしかも滑らかな骨角製の針様の尖頭器(穿孔具)が作られるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

はり【針】

布などを縫うのに用いる道具。ごく細い鋼製の短い棒で、一端をとがらせる。他端に糸を通す穴がある縫い針・刺繡ししゆう針・革針・毛糸針などや、穴のない待ち針、他にミシン針など多種ある。
細く鋭く先端のとがった、に似た形のもの。
ハチ・サソリなどの尾部にある、他の動物を刺して毒を注入する器官。
時計・磁石などの計器の目盛りをさし示すもの。 「 -が正午をさす」 「 -が真北をさす」
注射針。
レコード針。
ホチキスに用いる留め金。
裁縫。縫い物。おはり。 「 -の師匠の家/土
言動の中にある、人の心を傷つける気持ち。害意。 「 -のある言葉」
助数詞的に用いて、針で縫った目数を数えるのに用いる。 「三-縫う」 → はりはり

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【針供養】より

…針仕事を休んで古針や折れ針を供養し,裁縫の上達を祈る女性の行事。用の済んだ針を豆腐やこんにゃく,餅などに刺し,川へ流したり近くの社寺へ持ち寄って供養してもらうのが一般的で,全国の広い地域で2月もしくは12月の8日(こと八日)に行われている。…

【蛇婿入り】より

…蛇婿入譚は内容から〈苧環(おだまき)型〉〈水乞(みずこい)型〉〈蛙報恩型〉に大別される。〈苧環型〉は,夜中に娘のところに見知らぬ若い男が通ってくるのを怪しんだ親が,男の着物に糸を通した針を刺させ,男が帰ったあとその糸をたどっていったところ蛇のすみかに至り,そこで蛇の親子の会話を立ち聞きして娘に宿った蛇の子を堕(おろ)す方法を知る,というものである。同じ内容の話が古代の神話や伝説にもみえて,三輪山型神婚説話(三輪山伝説)と呼ばれている。…

※「針」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

針の関連キーワードタパt分布ミシン切れ・布・裂幅・布八掛びらびらぴらぴら割を入れる

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

針の関連情報