縮小条虫(読み)しゅくしょうじょうちゅう(英語表記)Hymenolepis diminuta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

縮小条虫
しゅくしょうじょうちゅう
Hymenolepis diminuta

扁形動物門条虫綱円葉目膜様条虫科の寄生虫。全長 20~60mm,片節数 800~1300。体は糸状。頭節は小さく棍棒状で,4個の長楕円形の吸盤をもつ。生殖孔は普通体の左側,前方より3分の1ほどのところに開くが,まれに右側に開くこともある。精巣は3個で,卵巣の右側に2個,左側に1個ある。おもにネズミ,まれにヒトの腸に寄生する。中間宿主コクガ,イガ,メイガなどの幼虫および蛹である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android