コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縮小条虫 しゅくしょうじょうちゅうHymenolepis diminuta

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

縮小条虫
しゅくしょうじょうちゅう
Hymenolepis diminuta

扁形動物門条虫綱円葉目膜様条虫科の寄生虫。全長 20~60mm,片節数 800~1300。体は糸状。頭節は小さく棍棒状で,4個の長楕円形の吸盤をもつ。生殖孔は普通体の左側,前方より3分の1ほどのところに開くが,まれに右側に開くこともある。精巣は3個で,卵巣の右側に2個,左側に1個ある。おもにネズミ,まれにヒトの腸に寄生する。中間宿主コクガ,イガ,メイガなどの幼虫および蛹である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

栄養・生化学辞典の解説

縮小条虫

 扁形動物,膜様条虫科の動物で,ネズミや人体に寄生し下痢などをもたらす.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

縮小条虫の関連キーワード縮小条虫症条虫類