コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

繁田満義 はんだ みつよし

2件 の用語解説(繁田満義の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

繁田満義 はんだ-みつよし

1845-1920 明治時代の殖産家。
弘化(こうか)2年生まれ。文久2年(1862)武蔵(むさし)入間郡(埼玉県)黒須村の名主をつぐ。慶応3年山林をひらいて茶園をつくり,明治8年狭山会社を設立し,茶の直輸出をおこなう。狭山茶の改良につくした。県会議員。大正9年2月25日死去。76歳。名は武平(ぶへい)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

繁田満義

没年:大正9.2.25(1920)
生年:弘化2(1845)
明治期の殖産家。武蔵国入間郡黒須村(埼玉県入間市)の名主の家に生まれ,12代武平を襲名,文久2(1862)年名主役を継ぐ。明治維新後は大惣代,戸長,副区長,県会議員を歴任。若くして茶業振興を志し,慶応3(1867)年山林3haを開いて茶園経営に従事し,茶種の改良普及に尽力。明治8(1875)年有志を募り狭山会社を創設し,茶の粗製乱造の防止に意を注ぐとともに,海外への茶の直輸出を図ったが,輸出に失敗して経営不振におちいった。17年県内茶業界の行政的取り締まりのために設立された埼玉県茶業取締所の初代取締役に就任。<参考文献>埼玉県茶業協会編『狭山茶業史』

(葉山禎作)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

繁田満義の関連キーワード『武蔵野』赤沢仁兵衛浅見野井新井角丈粕谷義三吉良義豊下山応助福田久松発智庄平村野盛政

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone