織り工(読み)おりこう(英語表記)Die Weber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

織り工
おりこう
Die Weber

ドイツの劇作家,小説家 G.J.R.ハウプトマンの戯曲。5幕。 1893年2月 23日「自由舞台」 Freie Bühneで初演。 44年にシュレジエン地方に起った織物工の一揆に取材したドイツ自然主義演劇の代表作。個人ではなく労働者の集団を主人公にしている点で,のちの群衆劇の先駆的作品。労働争議を舞台化した最初の作品でもある。 O.ブラームの演出で上演,社会主義者たちの熱狂的な支持を得た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

織り工の関連情報