コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織り工 おりこうDie Weber

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

織り工
おりこう
Die Weber

ドイツの劇作家,小説家 G.J.R.ハウプトマンの戯曲。5幕。 1893年2月 23日「自由舞台」 Freie Bühneで初演。 44年にシュレジエン地方に起った織物工の一揆に取材したドイツ自然主義演劇の代表作。個人ではなく労働者の集団を主人公にしている点で,のちの群衆劇の先駆的作品。労働争議を舞台化した最初の作品でもある。 O.ブラームの演出で上演,社会主義者たちの熱狂的な支持を得た。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

織り工の関連キーワード徳之島[町]澤田ふじ子デローニードイツ文学真岡木綿

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android