コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由舞台 じゆうぶたい

百科事典マイペディアの解説

自由舞台【じゆうぶたい】

アントアーヌ自由劇場にならって1889年ブラームがベルリンに創設した劇団。ドイツにおける自然主義演劇運動の拠点として,イプセンハウプトマンホルツなどを紹介上演。演劇の革新と後進の育成に多大の貢献をした。機関紙《自由舞台》はのちの文学誌《ノイエ・ルントシャウ》。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典内の自由舞台の言及

【近代劇】より

…彼はみずからも舞台に立ったが,観客に背をむけてしゃべり,舞台上に本物の肉をぶらさげるといった徹底した自然主義をめざした。その影響下に,ベルリンではO.ブラームが1889年に〈自由舞台Freie Bühne〉を創設,《幽霊》で旗揚げした。ハウプトマンを世に送ったのはこの劇場である。…

【劇団】より

…同時に,劇作家の協力を得て,演出家を中核に,演技アンサンブルを尊重し,装置,照明に立体的造形をはかる上演集団のあり方が劇団制の問題として再検討・再認識された。この自由劇場運動は各国に波及し,89年,O.ブラームがベルリンに〈自由舞台Freie Bühne〉を創立,91年,グラインJacob Thomas Grein(1862‐1935)がロンドンに〈独立劇場Independent Theatre〉を創立し,98年にはスタニスラフスキーらが〈モスクワ芸術座〉を創設した。これらはイプセン,ストリンドベリ,ショー,チェーホフらの近代劇作家の登場と呼応し,各国近代劇運動の基礎をつくった劇場,劇団である。…

【自由劇場】より

…19世紀後半のフランスは,商業主義に基づいたスター中心主義,ウェルメード・プレー(いかにも〈お芝居〉らしく巧みに作られた作品)全盛の時代であったが,そのような演劇への根源的レベルでの反抗として,そしてまた,時代の有力な文学上の思潮であった自然主義の影響下に,アントアーヌを一人の媒介者として生まれ出たのがこの自由劇場であった。 この運動とそこに含まれる精神は,すぐにヨーロッパ各国に波及して,オットー・ブラームの〈自由舞台〉(ドイツ),グラインJacob Thomas Grein(1862‐1935)の〈独立劇場Independent Theatre〉(イギリス)など,同様の演劇的精神(とまた類似の名称)をもったいくつかの劇場も生まれたので,広義にはこれらの劇場を拠点とした演劇運動も含めて〈自由劇場運動〉と呼ぶ場合も多い。 いずれにせよ,この流れはいわゆる近代劇の勃興・発展の中核をなすものであり,そのような視座からとらえれば,モスクワ芸術座にせよ,アイルランドのアベー座にせよ,あるいはさらなる派生としての日本の〈自由劇場〉にせよ,すべて同じ一つの歴史的潮流として展望することが可能であろう。…

※「自由舞台」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

自由舞台の関連キーワードアンツェングルーバー早稲田小劇場ビーアバウムドイツ演劇青野 平義鈴木 両全渡辺 浩子山田 康雄ハルデン渡辺浩子鈴木忠志学生演劇近代劇織り工バール別役実幽霊

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android