コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罧∥柴漬 ふしづけ

1件 の用語解説(罧∥柴漬の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふしづけ【罧∥柴漬】

魚の好む場所を柴やそだ(粗朶)を使って人工的に敷設し,その中に入った魚を捕らえる仕掛け。この漁業は魚類が藻,流木,石陰,水底の樹木などの暗い所に,産卵や潜り込みのため好んで集まる習性を利用する。葉付きの竹や柴,わら,灌木を縄で束ね,それを浮子(あば),沈子(いわ)をつけた綱や木枠に装備して作った罧を,数m間隔で海面や海中,あるいは海底に敷設する。漁期が来ると柴の外側を竹簀,仕切網などで囲い,引き揚げてからタモ網,サデ網で漁獲する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone