コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

罧∥柴漬 ふしづけ

1件 の用語解説(罧∥柴漬の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ふしづけ【罧∥柴漬】

魚の好む場所を柴やそだ(粗朶)を使って人工的に敷設し,その中に入った魚を捕らえる仕掛け。この漁業は魚類が藻,流木,石陰,水底の樹木などの暗い所に,産卵や潜り込みのため好んで集まる習性を利用する。葉付きの竹や柴,わら,灌木を縄で束ね,それを浮子(あば),沈子(いわ)をつけた綱や木枠に装備して作った罧を,数m間隔で海面や海中,あるいは海底に敷設する。漁期が来ると柴の外側を竹簀,仕切網などで囲い,引き揚げてからタモ網,サデ網で漁獲する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

罧∥柴漬の関連キーワード庫裏海苔粗朶居は気を移す抄紙場所場所を踏む住場所粗朶粗朶巻粗朶沈床

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone