羈絆(読み)キハン

デジタル大辞泉の解説

き‐はん【××絆】

《牛馬をつなぐ意から》足手まといとなる身辺の物事。きずな。ほだし。
「この世の―と濁穢(じょくえ)を脱ぎ捨てる」〈寅彦・藤棚の陰から〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

き‐はん【羈絆】

〘名〙 (「」も「」も、つなぎとめる意) つなぎとめること。また、行動する時の足手まといになること。または、そのもの。ほだし。きずな。
※本朝無題詩(1162‐64頃)七・旅亭〈藤原周光〉「生涯零落無覊絆、遊蕩久忘栄利家」 〔魏志‐陳思王植伝注〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iPhone 11

アメリカのアップル社が2019年9月10日に発表したスマートフォン。日本では9月20日に、標準機種となるiPhone 11と、その上位機種であるiPhone 11 Pro、iPhone 11 Pro ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android