羈絆(読み)キハン

  • ×羈×絆

デジタル大辞泉の解説

《牛馬をつなぐから》足手まといとなる身辺の物事。きずな。ほだし。
「この世の―と濁穢(じょくえ)を脱ぎ捨てる」〈寅彦・藤棚の陰から〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「羈」も「絆」も、つなぎとめる意) つなぎとめること。また、行動する時の足手まといになること。または、そのもの。ほだし。きずな。
※本朝無題詩(1162‐64頃)七・旅亭〈藤原周光〉「生涯零落無覊絆、遊蕩久忘栄利家」 〔魏志‐陳思王植伝注〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android