コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美輪明宏 みわ あきひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

美輪明宏 みわ-あきひろ

1935- 昭和後期-平成時代のシャンソン歌手,俳優。
昭和10年5月15日生まれ。昭和27年本名の丸山明宏でシャンソン歌手としてデビュー,美少年ぶりが評判になる。「メケメケ」「ヨイトマケの唄」のヒットのあと,三島由紀夫脚本「黒蜥蜴(とかげ)」などの舞台に女装で出演。47年改名。テレビ,CMなどでユニークな活動をおこなう。平成22年スポニチ文化芸術大賞グランプリ。長崎県出身。国立(くにたち)音大付属高中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

タレントデータバンクの解説

美輪 明宏


芸名
美輪 明宏

性別
男性

生年月日
1935/05/15

星座
おうし座

干支
亥年

血液型
A

出身地
長崎県

職種
音楽/タレント・俳優・女優/文化人

プロフィール
小学校の頃から声楽を習い、国立音大付属高校を中退してプロの歌手として活動を始めた。クラシック・シャンソン・タンゴ・ラテン・ジャズを歌い、銀巴里やテレビに出演するようになり、1957年、『メケメケ』が大ヒット。ファッション革命と美貌で衝撃を与える。日本におけるシンガーソングライターの元祖として『ヨイトマケの唄』他多数の唄を作ってきた。84年フランス、87年再度フランス・スペイン・ドイツに招待されコンサート・ツアーを行う。ルモンド、リベラシオンを始め多数の新聞・雑誌に紹介・絶賛される。俳優としては、寺山修司の演劇実験室・天井桟敷の旗揚公演『青森県のせむし男』『毛皮のマリー』への参加・主演を機に、三島由紀夫に熱望され『黒蜥蜴』を上演、空前の大絶賛を受けた。深作欣二監督により映画化もされ、ニューヨーク・タイムズにも大々的に取り上げられ、ニューヨークやパリを始め世界的ヒットとなった。いまやその演技のみならず、演出・美術・照明・衣装・音楽など総合舞台人として、また現代日本のオピニオンリーダーとして、その活躍は常に耳目を集めている。

代表作品
舞台『黒蜥蜴』 / 舞台『双頭の鷲』 / 舞台『愛の讃歌』

出典|株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて | 情報

美輪明宏の関連キーワードアルセウス 超克の時空へTAKESHIS'ハウルの動く城赤木 圭一郎矢田部 道一假屋崎省吾山県 明久もののけ姫横山通乃江原啓之木村公一鶴井宗貴山本一慶幻魔大戦

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美輪明宏の関連情報