コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

群来 クキ

4件 の用語解説(群来の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

くき【群来】

魚が産卵のために沿岸に大群で来ること。特に、ニシンについていう。→鰊群来(にしんくき)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

群来

北海道、北の誉酒造が製造・販売する清酒の商品名。北海道産酒造好適米「吟風」100%使用の純米酒。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

くき【群来】

(北海道南部や東北地方で)産卵のためにニシンが大挙しておしよせること。 → にしん群来

ぐんらい【群来】

( 名 ) スル
むれをなして来ること。 「村人-す/伊沢蘭軒 鷗外

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の群来の言及

【ニシン(鰊∥鯡∥春告魚)】より

…その経営規模はかなり大きく,建網を数ヵ統,刺網を数百放営んでいたが,建網1ヵ統経営には雇漁夫15~20人と漁船7~8艘,刺網100放経営に雇漁夫5~6人を必要とした。 建網漁はニシンが群れをなして沿岸に回遊してくる(群来(くき)という)ところに網を定置することから始まる。これはニシンの行路をさえぎる形で投網し,網に突き刺さったニシンを手繰り上げて漁獲する刺網とは異なる。…

※「群来」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

群来の関連キーワード北海海老北海道庁北海道ウォーカー北海道フリーパス北海道釧路市幸町北海道網走市潮見北海道根室市穂香北海道帯広市緑ケ丘北海道旭川市南が丘北海道紋別市元紋別

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

群来の関連情報