落葉集(読み)おちばしゅう

デジタル大辞泉の解説

おちばしゅう〔おちばシフ〕【落葉集】

歌謡集「松の葉」にもれた歌の集の意》江戸中期の歌謡集。7巻。大木扇徳編。元禄17年(1704)刊。上方の歌謡を収録したもので、のち「松の落葉」に改編

らくようしゅう〔ラクエフシフ〕【落葉集】

キリシタン版の日本語の漢字字書。1598年刊。落葉集本編・色葉字集・小玉編の3部から成る。本編は約1万2000の漢語をイロハ順に配列した音引き、色葉字集は約3400の和語をイロハ順に配列した訓引き、小玉編は約2300の漢字を部首別に示した字書。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

落葉集【らくようしゅう】

1598年長崎で刊行されたキリシタン版漢字字書。字音によって字形和訓を知る〈落葉集本編〉,和訓によって字形と字音を知る〈色葉字集〉,字形によって音訓を知る〈小玉篇〉の3部からなる。特に字音は室町末期の発音に基づいて,長音短音,清濁および半濁音を区別して用いている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おちばしゅう【落葉集】

歌謡集。7巻7冊。1704年(元禄17)刊。大木扇徳編。井筒屋庄兵衛万木(まんき)治兵衛板行。表題のごとく歌謡集《松の葉》(1703)の続編としてその遺漏を補い,《の葉》が職業的演奏家の芸術歌曲と流行歌(はやりうた)の収録であるのに対し,劇場歌謡その他踊歌を中心に編集されたもの。巻一から巻四までは主に歌舞伎舞踊歌,巻五に祇園町踊歌・伊勢音頭,巻六に古今節・浄瑠璃,巻七に流行歌を収録。題簽(だいせん)に《絵入松の落葉》とあるように多数の挿絵を挿入し,舞踊,劇場構造その他の風俗資料を提供している点において,すこぶる貴重である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

おちばしゅう【落葉集】

〔歌謡集「松の葉」にもれた歌の集の意〕
江戸時代の歌謡書。七巻。大木扇徳編。1704年刊。上方かみがたの歌謡を集めたもの。松の落葉。

らくようしゅう【落葉集】

キリシタン版の一。日本語の辞書。1598年刊。落葉集本編・いろは字集・小玉編の三部から成る。本編は約一二〇〇〇の漢語を一字目の字音によりイロハ順に配列し、いろは字集は約三四〇〇の和語をイロハ順に配列、小玉編は約二三〇〇の漢字を部首別に配する。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おちばしゅう おちばシフ【落葉集】

(歌謡集「松の葉」にもれた歌の集の意) 江戸時代の歌謡集。七巻七冊。大木扇徳編。元祿一七年(一七〇四)刊。上方の歌謡を部類して収めている。題簽に「絵入松の落葉」とある。後に「松の落葉」と改題。

らくようしゅう ラクエフシフ【落葉集】

辞書。日本イエズス会編。慶長三年(一五九八)長崎刊。漢語や漢字の読み方を知るための辞書で、本篇(音引き)、色葉字集(訓引き)、小玉篇(字形引き)の三部より成る。当時の日本に通行していた節用集、「和玉篇」に基づいているが、実用する際の便宜として音引き・訓引きで日本語を二分する発想は合理的かつ独創的といえる。漢字字母約二千二百。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

山鉾

神社の祭礼に引かれる山車の一つ。車の台の上に家や山などのつくりものをして,その上に鉾やなぎなたなどを立てたもの。平安時代の大嘗祭に悠紀(ゆき),主基(すき)の両国から出された標山(しるしのやま)に始ま...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android