コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義務的経費 ぎむてきけいひ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義務的経費
ぎむてきけいひ

地方財政の経費分類の一つ。経費は,(1) 義務的経費,(2) 投資的経費,(3) その他の経費に大別され,それぞれに性質別分類による費目がある。義務的経費としては人件費,扶助費 (生活保護費,児童福祉費,老人福祉費など) ,公債費など,その支出が法律上義務づけられたものや国の指示によって事実上強制されるものがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぎむてき‐けいひ【義務的経費】

国や地方公共団体の歳出のうち、支出が法令などで義務付けられ、任意に縮減できない性質の経費。人件費・公債費・扶助費など。→裁量的経費

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

義務的経費の関連キーワード奈良市の財政と人員包括財政調整法財政投融資

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

義務的経費の関連情報