コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

義叡 ぎえい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

義叡 ぎえい

813-892 平安時代前期の僧。
弘仁(こうにん)4年生まれ。薬師寺の学僧。法相(ほっそう)宗。唯識(ゆいしき)に精通,真言を兼学。元慶(がんぎょう)2年宗叡(しゅえい)の要請で義澄(ぎちょう)らとともに真如(しんにょ)(高丘親王)創建の超昇寺にはいった。興福寺維摩会(ゆいまえ),宮中御斎会(ごさいえ)などの講師(こうじ)をつとめ,少僧都(しょうそうず)となった。寛平(かんぴょう)4年10月20日死去。80歳。阿波(あわ)(徳島県)出身。俗姓は佐伯(さえき)。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

義叡の関連キーワードアミーンマームーンミカエル1世公信力[ドイツ登記制度]サーマン朝813レオ5世興原敏久マームーンルイ(1世)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android