コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽倉惟得 はぐら これのり

1件 の用語解説(羽倉惟得の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽倉惟得 はぐら-これのり

1765-1827 江戸時代中期-後期の歌人。
明和2年生まれ。荷田御風(かだの-のりかぜ)の養子。豊後(ぶんご)(大分県)岡藩士。村田春海,加藤千蔭にまなんだ。藩校由学館教授。文政10年2月7日死去。63歳。本姓は藤井。字(あざな)は子馨(しけい)。通称は梁助,東之助。著作に「大江朝臣考」「狭布(さぬの)考」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

羽倉惟得の関連キーワード中野碩翁都築弥厚ホイットニーカニング冬の旅マキシモヴィッチナバリノの海戦カニング過疎現象と市区町村合併自伝

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone