コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽川珍重 はねかわ ちんちょう

2件 の用語解説(羽川珍重の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽川珍重 はねかわ-ちんちょう

1679/80-1754 江戸時代中期の浮世絵師。
延宝7/8年生まれ。武蔵(むさし)川口(埼玉県)の人。初代鳥居清信(きよのぶ)の門人。「吉原丸鑑(まるかがみ)」「役者芸品定(しなさだめ)」などの挿絵をかいた。大判の一枚絵には「江戸町西田屋内ここのゑ」などがある。宝暦4年7月22日死去。75/76歳。本姓は真中。通称は太田弁五郎。別号に沖信,三同,絵情斎など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

羽川珍重

没年:宝暦4.7.22(1754.9.8)
生年:延宝7頃(1679)
江戸中期の浮世絵師。太田氏,俗称弁五郎。武蔵国埼玉郡川口村(埼玉県)の人。初代鳥居清信の門人。正徳・享保期(1711~36)に十数点の版画,数点の赤本や評判記の挿絵が知られている。

(浅野秀剛)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

羽川珍重の関連キーワード荒木呉橋岡部稠朶岡本友次角々狩野洞琳国包(8代)鞍岡蘇山田中帰春谷口千秋蝶左坊

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone