コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽田野敬雄 はたの たかお

1件 の用語解説(羽田野敬雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽田野敬雄 はたの-たかお

1798-1882 江戸後期-明治時代の国学者。
寛政10年2月14日生まれ。養家をついで三河(愛知県)羽田神明社・八幡社の神職となり,平田篤胤(あつたね)にまなぶ。嘉永(かえい)元年羽田八幡社境内に文庫を設立して和漢の典籍一万余巻を収集。明治元年皇学所御用掛。明治15年6月1日死去。85歳。三河出身。本姓は山本。通称は常陸,栄木(さかき)。号は栄樹園など。著作に「参河国古歌名蹟考」「参河国官社私考」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

羽田野敬雄の関連キーワード目黒道琢オファイトアラブ文学ゴヤ(年譜)早稲田大学梅屋勘兵衛(3代)金弘集スミス花房義質フォンタネージ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone