コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羽石光志 はねいし こうじ

1件 の用語解説(羽石光志の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

羽石光志 はねいし-こうじ

1903-1988 昭和時代の日本画家。
明治36年1月1日生まれ。小堀鞆音(ともと),安田靫彦(ゆきひこ)に師事。歴史画をえがき,昭和8年帝展に初入選。31年日本美術院同人。法隆寺壁画再現,日光陽明門天井画復元に従事した。昭和63年5月11日死去。85歳。栃木県出身。川端画学校卒。本名は弘志(ひろし)。作品に「いかるがの宮」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

羽石光志の関連キーワード竹下登内閣宇高航路板場真二プラット修正ロシア映画香西かおり北山雅康仮面ライダーBlack青い山脈済州島事件

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone