翡翠の髪状(読み)ヒスイノカンザシ

デジタル大辞泉の解説

ひすい‐の‐かんざし【××翠の状】

カワセミの羽のようにつややかで長く美しい髪。みどり黒髪
「―、今はつけても何かはせさせ給ふべきなれば」〈盛衰記・四四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひすいのかんざし【翡翠の髪状】

翡翠」に同じ。 「 -ゆりかけて歩ませ給ふ御姿/御伽草子・鉢かづき」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひすい【翡翠】 の 髪状(かざし・かんざし)

翡翠①の羽のように、つややかで長く美しい髪。緑の黒髪。翡翠の髪。
※平家(13C前)灌頂「翡翠の御かざしつけても何にかはせさせ給ふべきなれば」
[語誌](1)女性の髪の美しさをいう中世の慣用表現。みどりの黒髪の「みどり」が、翡翠の羽毛の色を連想させることによる。「桂の黛」や「丹花の唇」と対にされることも多い。
(2)髪の美しさは「翡翠」か「楊柳」にたとえられることが多いが、「楊柳」が揺れる髪の動的な美しさの形容に用いられるのに対し、「翡翠」は髪そのものの手入れの行き届いた質感、光沢があって乱れず整ったようすをたたえる際に用いられる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android