コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翼賛壮年団 よくさんそうねんだん

世界大百科事典 第2版の解説

よくさんそうねんだん【翼賛壮年団】

青壮年による大政翼賛会外郭団体。正式名称は大日本翼賛壮年団(翼壮)。大政翼賛会が治安警察法3条にいう公事結社(非政治的団体)と認定され,国民政治力の結集に失敗したため,ナチスの親衛隊にヒントをえた陸軍省軍務局長武藤章らが黒幕となり,大政翼賛運動の実践部隊として1942年1月16日に結成された。全国団の下に道府県団と郡市区町村団が組織され,21歳以上の青壮年有志による同志組織であることが強調された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

翼賛壮年団の関連キーワード東条英機内閣大日本政治会薬師寺 主計後藤 隆之助湯川 康平伊東 光次安井 藤治翼賛政治会建川 美次建川美次三上 卓翼賛選挙

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android