老手(読み)おいて

精選版 日本国語大辞典「老手」の解説

おい‐て【老手】

〘名〙
① 年老いた人。老人。ふるて。
② 年功を積んだ者。また、その老練な腕まえ。
※浄瑠璃・近頃河原達引(おしゅん伝兵衛)(1785)堀川「『〈略〉ドレドレおしげ様の代りにわたしと掛合に唄ひませう』と、おいてひく手もしをらしき」

ろう‐しゅ ラウ‥【老手】

〘名〙 老練で、たくみな手並・腕前。また、その人。
※寛斎先生遺稿(1821)一・養拙「投閑笑向妻孥詫、老手工夫持敗棊」 〔蘇軾‐至真州再和詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android