コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

当流 トウリュウ

3件 の用語解説(当流の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とう‐りゅう〔タウリウ〕【当流】

この流派。この流儀。
今はやっている流儀。当世風。
「―の大尽と見えて友だち多くつれだち」〈咄・露がはなし・四〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

とうりゅう【当流】

この流派。この流儀。 「 -での花の生け方」
今のやり方。現代のやり方。当世風。 「連俳も-の行かたを覚え/浮世草子・永代蔵 6

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

当流
とうりゅう

近世剣術の一流派。流祖は山本三夢(さんむ)入道玄常(はるつね)、山本流ともいう。三夢は上州館林(たてばやし)の人と伝え、初め同国小幡(おばた)の前原備前守(まえはらびぜんのかみ)が伝えた京(きょう)流を修め、その後、吉岡無二斎(むにさい)に自見(じけん)流を、村田左馬之助(さまのすけ)に新陰柳生(しんかげやぎゅう)流を、三輪源兵衛に林崎(はやしざき)流居合を学び、これらの刀法諸流をあわせて一流を創案し、延宝(えんぽう)年中(1673~1681)鎌倉の鶴岡八幡宮(つるがおかはちまんぐう)に祈念して、心明剣の一刀を開悟し、当流を称したという。門人に朝比奈夢道(あさひなむどう)、明石(あかし)三郎兵衛ら、子に山本源助自見斎(げんすけじけんさい)がある。自見斎は関口流居合および手裏剣(しゅりけん)の名手であった。明石の門人浜島金太夫正澄(はまじまきんだゆうまさずみ)は江戸で活躍し、門下に塩(しお)藤右衛門、能勢(のせ)左仲、笹河是閑(ささがわぜかん)らを輩出した。塩の高弟上田一候斎(うえだいっこうさい)の門流には、1791年(寛政3)三義明致(さんぎめいち)流を始めた川澄(かわすみ)新五郎忠智(ただとも)、また野州(栃木県)鹿沼(かぬま)地方に門流を広げた笹河の門流には、心明当(しんめいとう)流を唱え幕末期に活躍した福田誠好斎(せいこうさい)宗節(そうせつ)(1812―1899)らが出た。四国の伊予大洲(おおず)藩、小野十得斎月心(じっとくさいげっしん)も有名であった。[渡邉一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の当流の言及

【屋嘉比朝寄】より

…三線は名人照喜名聞覚(てるきなもんかく)を師としたが,失明して三線に専念。謡曲の技法などを取り込んで,旧節に替わる当流(とうりゆう)と称する楽統を創始した。また中国に範をとった琉球初めての三線楽譜〈工工四(くんくんしい)〉を考案するなど,琉球音楽の保存とその近代化に貢献した。…

※「当流」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

当流の関連キーワード一派異派他門他流当世流長谷川流末派山科流流風両流

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

当流の関連情報