コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老神[温泉] おいがみ

百科事典マイペディアの解説

老神[温泉]【おいがみ】

群馬県利根郡利根村(現・沼田市)の片品川河岸の温泉。単純硫化水素泉,42〜55℃。江戸時代より湯宿があり,性病に特効があるとして〈脚気川場にかさ老神〉といわれた。
→関連項目沼田[市]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おいがみ【老神[温泉]】

群馬県北部,利根郡利根村の片品川渓谷に臨む温泉。単純硫化水素泉,47~66℃。多くの旅館が露天風呂をもち,一般向けの観光温泉地である。付近には薗原(そのはら)ダムや吹割渓谷があり,秋の紅葉はとくに美しく,高山彦九郎若山牧水が歌を残している。古くは〈脚気(かつけ)川湯に瘡(かさ)老神〉と称され,性病に特効があるといわれた。赤城山神が日光男体山神との戦いに敗れて逃げ帰った時,男体山神がここまで追ってきたという伝説があり,追神とも書いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android