コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐火金属 たいかきんぞくrefractory metal

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

耐火金属
たいかきんぞく
refractory metal

タングステン (融点 3387℃) ,タンタル (2977℃) ,モリブデン (2617℃) ,ニオブ (2467℃) などの高融点金属およびその合金で,高温強度がある耐熱材料。ステンレス鋼やニッケル系超耐熱合金より高温強度に優れるが,一般に脆 (ぜい) 性があり加工が難しく,また,酸化性雰囲気ではモリブデンもタングステンも著しく酸化する。したがって,酸化しにくい環境や真空中で使用するか,表面に耐酸化性能の合金 (アルミナあるいは酸化クロムなどのセラミックス) でコーティングした被覆材料として用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

耐火金属の関連キーワード航空機の耐熱構造