コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐震強度 タイシンキョウド

デジタル大辞泉の解説

たいしん‐きょうど〔‐キヤウド〕【耐震強度】

建物の地震に対する強さのこと。昭和56年(1981)に建築基準法施行令が改正され、現行の新耐震基準が定められた。同基準では、震度5強程度の地震ではほとんど損傷を生じず、震度6強から7程度の大地震でも人命に危害を及ぼすような倒壊等の被害を生じない強度を目標とすることが求められる。
[補説]平成17年(2005)、建築士構造計算書を偽造し、震度5強程度の地震で倒壊するおそれのあるマンションが建設・販売された、耐震強度偽装問題(構造計算書偽造問題)が発覚。住居・商業施設・公共施設などの耐震性能に対する関心が高まった。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

耐震強度

建物が地震に耐える力。震度6強の揺れでも建物が倒壊しない強度として1・0を基準と位置づけている。耐震強度偽装問題で国土交通省は0・5未満の建物を「震度5強程度の地震で倒れる恐れがある」として、退去と建て替え支援の対象としている。

(2006-04-19 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

耐震強度の関連キーワードサンホテル奈良の耐震強度偽装問題耐震強度偽装事件と自治体の責任消費者問題の最新潮流民主党の混乱と再生住宅瑕疵担保履行法耐震強度偽装事件第164通常国会建て替え支援策空洞国会補説

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

耐震強度の関連情報